wxPython(Phoenix)を pip でインストール

Phoenix は wxPython をモダンにリファインしているプロジェクトである(同じ名前のソフトウェアプロジェクトたくさんあるけど)。wxPython 開発陣自身によって進められている。モダンとはなにかというと Python 3 対応とか pip 対応とかである。ずっと開発版で表には出てこないのだけど Dropbox などはたしかすでに使っていた気がする。

wxPython が Python 3 や pip に対応していないのはけっこう面倒で、できればはやく正式版になってもらいたい。ようやく試したのでメモ。

Phoenix はまだ PyPI には登録されていないので、プロジェクトのウェブサイトにホストされているスナップショットからダウンロードする。ウェブサイトが HTTPS 接続できないので pip にはそのためのオプション –trusted-host が必要。また、バージョンが開発版なので –pre も要る。

~/src/test % pip install --user --pre --trusted-host wxpython.org -f http://wxpython.org/Phoenix/snapshot-builds/ wxpython-phoenix
Collecting wxpython-phoenix
 Downloading http://wxpython.org/Phoenix/snapshot-builds/wxPython_Phoenix-3.0.3.dev1839+4ecd949-cp27-none-macosx_10_6_intel.whl (29.5MB)
 100% |████████████████████████████████| 29.5MB 1.4MB/s 
Installing collected packages: wxpython-phoenix
Successfully installed wxpython-phoenix-3.0.3.dev1839+4ecd949
~/src/test % pip list --user
wxPython-Phoenix (3.0.3.dev1839+4ecd949)

wheel 版が用意されているので Windows でもビルドが要らないのがよい。

Windows アプリのインストーラ

Visual Studio で MSI 形式のインストーラを作れなくなってしまったので、ひみつメモ帳の配布形式を考えないといけない。

インストーラー作成ツールでいいのないかなあ……。

LLMNR: Windows でのローカル名前解決

Windows の名前解決は DNS がなければ NetBIOS だと思っていたら、Vista 以降では LLMNR という Bonjour みたいのが実装されていた。φ(・_・

Windows管理者のためのIPv6入門:第6回 LLMNRを使ったローカル・セグメント上での名前解決 – @IT

さくらのレンタルサーバ独自ドメイン SSL で HTTPS 接続かどうかを知るには

こないだの話の続きというか、メモ。

環境変数 HTTPSon がセットされるのでこれでわかる。SERVER_PORT80 のままなので注意。

なんだけど、これはなんかの仕様にあるのかさくら固有の話なのかがまだわからん。

SSL 証明書を取った

勉強を兼ねてこのサイトでも https で接続できるように SSL/TLS の証明書を取ってみた。

ドメイン認証だけの証明書であれば(個人ならそれでいいと思う)年額千いくらからあったので、掲示板や WordPress などを気持ちよく設置しときたいならさくっと入れるのがよいと思った。機械処理なのでほとんどのショップで一、二時間で取得できるはず。

無料でドメイン認証の証明書を発行する Let’s Encrypt は今年なかばにスタートすると謳っているけれど、開始早々は混乱があるかもしれないと思ってあえてふつうに買いました。

さくらのレンタルサーバでは SNI 証明書を管理画面から簡単に設定できるので Apache の設定ファイルをごにょごにょする必要もない。ただ、ワイルドカードやマルチドメインの証明書は使えないので横着して失敗しないように。

すべてのページで表示確認はできてないので、おかしなところがあれば教えていただけるとうれしいです。