タグ別アーカイブ: iphone

iPhone の写真をバックグラウンドでアップロードする

前回 iCloud のバックアップから写真を復旧させる話を書いたけど、うっかりでここまでやらなきゃいけないのはたいへんである。写真を自動でどこかにバックアップするような方法はないか調べてみた。

まず誰でも思いつくサービスとして Dropbox。Dropbox はインストールするとカメラアップロードという機能を猛プッシュしてくるので、ひとつ使ってみる。

IMG_0285

Dropbox のカメラアップロードは iOS の位置情報サービスを使う。iPhone の移動を感知するとそこで Wi-Fi が使えるかを確認して、使えるようなら写真のアップロードを始める。なるほど……ではあるけれど、ずっと位置情報取得のコンパスアイコンが出てるのが気になる。

iOS では 7 からバックグラウンドでできるタスクが増えたので、もうちょっと賢い実装もある。Dropbox もそのうちそうなるだろうけど、いまは後方互換性を気にしているのかもしれない。

Facebook アプリには写真の同期設定というのがあって、iPhone で撮影した写真を自動で Facebook にアップロードさせることができる。アップロードされる写真はすべて公開設定はプライベートなので、手動で共有しないかぎり他の人からは見えない。

IMG_0283

これはわりとうまく動いているので Facebook を使っているなら(そして Facebook を信用できるなら)おすすめできる。

ただしアップロードされる写真はフルサイズではない。じゅうぶん大きいけれども、オリジナルよりは劣化する。

Flickr アプリも新バージョンではバックグラウンドで写真をアップロードできる。ただしちょっと前から日本語の App Store からは購入できなくなってしまっている。

けど、以前のバージョンを購入したことがある人なら最新バージョンを使える。あまり知られていないけど、自動アップデートには現れなくなるものの、国内のストアから撤退したアプリが海外のストアではアップデートされ続けている場合、「購入済み」から再ダウンロードすることで最新版に更新できるのだ。Flickr は最初は日本のストアでも公開されていたのでその時ダウンロードしている人も少なくないと思う。

IMG_0286

Flickr の最新版で Auto Sync をオンにするとあとは自動で Flickr に(プライベート設定で)アップロードされる。サイズもオリジナルだし、これが本命かなあ。ただしアップロードを Wi-Fi に限定するオプションは(いまのところ)ない、というじつに男気のある実装なので通信量には注意。

iOS は 8 で写真まわりも iCloud 使うように変わるらしいので、そのときにはバックアップからのサルベージももう少し楽になるかもしれない。

カメラロールから削除した写真を取り戻す

過去に iPhone で撮影した写真のひとつを、意図せず削除してしまった。写真を削除しようとすると iPhone は「この写真はすべてのデバイスのフォトストリームからも削除されます」という確認を出してくるけど、自分がなにをしようとしているか(愚かしくも)わかっているつもりだったので、僕はそんなのに迷わされることなく「削除」をタップした。

写真はカメラロールから削除され、フォトストリームからも消えた。

そして、その写真は削除してはいけないものだったと気づいた。さあどうする。

このときフォトストリームが共有の仕組みであってバックアップの仕組みでないということがやっと身にしみてわかった。Mac を開いても iPad を見ても、フォトストリームはすみやかに同期されていて問題の写真は消えていた。

ではバックアップはどうかというと、もちろんバックアップはある。iCloud のアカウントを登録してあれば、iPhone は充電中にユーザーのデータを iCloud にバックアップする。そこに目的のファイルが残っているのは確実だ、やったー。……ってどうやってその写真を取ってくる?

iCloud のバックアップはデバイス全体を復旧することしか想定していない。Mac の Time Machine バックアップのように、特定のフォルダだけ過去の状態に戻すということはできない(書いてて思ったけど、アップルは将来できるようにはするのかもね)。

それでけっきょくどうしたかというと、

  • 現在の状態を iCloud に手動でバックアップ。
  • iPhone を初期化し、写真を削除する前の時点での iCloud バックアップから復元する。
  • 削除した写真を Dropbox にコピー(メールで送信とかでも、やりかたは何でもよい)。
  • iPhone を初期化し、はじめに取った最新の iCloud バックアップから復元する。
  • Dropbox からコピーしておいた写真をカメラロールに保存。

写真1枚の復旧のためにデバイスを2回初期化している! まあでもそんな手間よりも「写真を取り戻すことができた」ということのほうが重要かもしれない。バックアップ重要。

とはいえ初期化・復旧は時間かかるから、写真を簡単にアンドゥできるような仕掛けはほしい。そのあたりも調べたのだけど長くなるのでまた回をあらためて書きます。

覚え書き: 国内版 SIM ロックフリー iPhone 5s を日本通信の SIM で使う

追記: その後の挙動を見るにもう少し様子見が良さそう。

iPhone 5s の人になった。じつは 5c のほうがデザインは好きだけど。しかし主な用途である音楽プレーヤーとして考えると容量が増えてないといまいちなので(iPhone 5c は 4 と同じく最大で 32 GB のモデルまでしかない)。

主要キャリア三社から iPhone が販売されるようになって、輸入版の SIM ロックフリーの iPhone 4 を買ってた当時とはだいぶ状況が変わっている。どのキャリアでもテザリングできるようにしているし、これならキャリアのを買うかなあと思ってたのだけど、最近になって販売店で不要な契約オプションを強制して売るとかなんとかいう話が聞こえてきてなんだかきな臭い感じになってきた。そこへアップルが自身のストアで SIM ロックフリーのデバイスを売るように。

というわけで、前回とはまったく違う意味で SIM ロックフリー選択する意義もあるかと思い、ふたたび SIM ロックフリーモデルにしましたよ。ショップで店員の相手するの面倒だしね。ただ今回は国内モデルなので保証的な安心感はある。みんないらんいらんと言っている AppleCare+ だけど、故障時にあっさり本体交換してくれたりするので、僕は付けるようにしている。

SIM はいま使っている日本通信のを SIM カードサイズ変更を申し込み、その上で LTE 対応のプランに変更。もとのプランは「talking b-microSIM プラチナ」で、それから「スマホ電話 SIM」(スマホってなんだ?)へ。しかし申込が遅かったので、プラン切り替えが翌月 1/1 の 11:00 からになってしまった。それまでは旧プランの 3G で使うしかない。

SIM ロックフリーなのでそれでも APN の設定を変えてやれば柔軟に対応できるはず、なのだけどここからが難儀した。ほんとはもっと泥臭く何度もリセットして試行錯誤したけど、まとめると以下の通り。

まず、iPhone 5s の設定に APN の入力欄が出てこない。これは国内向けモデルだからなのだろうか。もし Verizon や Sprint の輸入版なら普通にこの入力欄が出てきて設定できるというのであれば、MVMO の SIM を利用する人にとってまだ輸入版モデルも意味がなくなったというわけではないのかもしれない。Verizon 版は au のプラチナバンドに対応してないだけで事実上ドコモのネットワークである MVMO にはあんまり影響ないし、Sprint 版は米国キャリアにだけロックされてて機種じたいは日本のとまったく同じ(らしい)。

まあ APN 入力欄が出てこなくてもアップルが配布している「iPhone 構成ユーティリティ」というのがあるので(Windows 版もあり、バージョンは新しいのが出てるかもしれない)、パソコンあればそれで APN 設定のプロファイルを作って読み込ませればよい。なので輸入コストまで考えるとそこまでの訴求力にはならないかな。まあともかくそれをしたのです。

けどこんどは旧 iPhone (4) から設定を復元したときにどうしてもモバイル通信が圏外になってそれきり繋がらなくなってしまう。新規デバイスとして一から設定すれば 3G つかむので、復元時にどうもキャリア設定のようなものもコピーされていてそれが邪魔してるような感じ。以下にまったく同様の報告があった。

モバイルデータ通信が不能: Apple サポートコミュニティ

上記フォーラムでは、APN 設定を空欄にしたバックアップからの復元で通信できたという報告があるけど、自分の場合はそれもダメだった。僕の iPhone 4 は一回故障で本体交換してて、世間じゃちょっと珍しい SIM ロックフリーの国内モデル iPhone 4 になっているので、そのへん香港版などとはキャリア情報の初期値などが違うのかもしれない(ソフトバンクになっている?)。

で、これについてはバックアップからの引き継ぎを諦めた。ほとんどのデータはクラウドにあるのでアカウント入れてやれば同じ内容になるんだし。引き継ぎだとショートメールのアーカイブを引っ越せたのでそれがやりたかったんだけど、まあ SMS なんてしょせん読み捨ての通信手段だと思うことにする。

とりあえず上記、プロファイルで APN 設定をして新規デバイスとしてセットアップ、を経て今のところは 3G ではあるけれど問題なく使えてるみたい。年が明けたらプラン変わるのでそこでまた APN 設定変えないと通信できなくなるんで(笑)、忘れないようにしなければ。すんなり変わってくれるかちょっと心配だけど。

速くなったけど iOS なのは変わらないので新鮮味はないね。まあ忙しいのでそれはそれでよいです。ほんとは 128 GB モデルが欲しかったなあ。